FEATURE
2019/5/10
California Dreamers #3

It’s easy to find “adventure” these days, much harder to find the real thing.

It seems to have been heatmapped and hashtagged to the point of abstraction; a conceptual cliche.

So how does one create an adventure?
Like a jazz composer, you have to leave room for improvisation.


アドベンチャー”というものを探そうと思えば今の時代簡単に見つかるのだが、本物だと思えるものはそんなに多くはない。

その言葉は曖昧な形でハッシュタグ化されたり区分されたりしているように思えるのだが、つまりは型にはめられたものになってきてしまっているのは間違いない。

ではどうやったら本物のアドベンチャーというものを作り出すことができるのだろうか?
ジャズコンポーザーのような即興演奏のために、僕たちは今いる場所から飛び出す必要があるのだ。

As soon as I knew that NAHBS was happening in Sacramento, I started making plans to ride there from my hometown of Santa Rosa. Twice in the past  I’ve biked the hundred miles to Sac by taking country highways, but this time I wanted to find a better way – I’m always hungry for dirt roads and remote scenery.


僕はNAHBSがサクラメントで開催されることを知って、ホームタウンであるサンタ・ローザから会場へ走行する計画をすぐに始めた。 過去に2回ほど何百マイルもの道のりをサクラメントまで国道を通って走ったことがあるが、今回はもっと良い道がないかを徹底的に探したかった。 ─なぜなら僕はいつでも人里離れた場所や、ラフな道が大好物なのだから。

Creating a route was fairly straightforward – I used RideWithGPS and AllTrails to explore the area by satellite and looked for the brown ribbons of trail to connect the dots between where we would be and where we wanted to end up.

I invited some good friends from Oregon, Montana, and Nagoya. As my list of riding companions grew, I started to feel the weight of responsibility. That’s when I started to really stress out.


ルートを作り出すのは難しくなかった。 RideWithGPSAllTrailsを使い、茶色のリボンがついたトレイルを探し、どこから始まり終わるのかを点と点で結びつけた。

オレゴン、モンタナ、名古屋から友人たちを招待したのだけども、一緒に走る仲間が増えると、その分責任も感じるようになった。 ストレスを感じ始めたのはその時からかもしれない。

What would happen if we got lost, or busted for trespassing, ran out of water, or worse?

This was unknown territory to me, and anything could happen.

I spent quite a few nights awake, reviewing the plan over and over again. I was worried about my lack of control. Before too long, the day of our departure had arrived.


もし迷ってしまったらどうしよう? 私有地に侵入したがために誰かが銃で撃たれたら? もし途中で水が無くなってしまったら? などと様々な心配事を思いつくようになった。

未開拓の地であるからこそ、なんでも起こりえるのだ。

何日間も徹夜をし、自分の計画が本当に正しいのかを精査した。 自分の管理が計画に行き届いているかどうかが心配だった。 そしてすぐに出発の日がきてしまった。


The first day went according to plan – our route was dialed, the timing was perfect, and we hit every note just right. We managed to find an ideal campsite right on the waterfront, our only neighbors the waterfowl whose honks carried across the glassy expanse of Lake Berryessa.


1日目は計画通りに。 ルートは時計通りに完璧なタイミングで通過することができた。 理想的なキャンプサイトを水辺の前に張ることができ、隣人といったら水面が穏やかなベリエッサ湖を鳴きながら渡っている水鳥しかいなかった。


The second day was Thelonious Monk. I knew where we needed to go, but I wasn’t entirely sure how we’d get there.

Luckily, our cooperative of riders worked together to find our way. We hopped multiple gates, crossed over miles of pockmarked cow pastures, and eventually found our way to the summit – Berryessa Peak, 3060 feet in the sky.

Then it was all downhill to the fertile Capay Valley and a long, arduous grind through the orchard-lined highways of Yolo County until, at long last, we arrived in Sacramento just after sunset.


2日目はセロニアス・モンクだった。 どこへ行くかは知っていたが、どうやって行くかについては完全にアドリブだったのだ。

幸運にも、一緒に走っていた仲間が協力しつつ道を探してくれた。 いくつものゲートをくぐり抜け、牛のデコボコした牧草地を渡り、ようやく山頂が見えてきた。 ベリエッサピーク、3,060フィート(932m)の山が目の前の空にそびえ立つ。

そこからは肥沃なキャパイー・バレーへ一気にダウンヒル。 そこから長くて単調な辛い果樹園が並ぶハイウェイを通ってヨロ郡を経て、そしてようやく日が沈んでからサクラメントへ到着したのだった。

I’m so glad that our journey together was a success. I’m already looking forward to the next one. I hope you feel inspired to go find your own route, and don’t be afraid to improvise – that’s where the adventure really begins!


僕はこの旅路が成功したことがとても嬉しかった。 すでに次のライドを計画したくてしょうがなかったのも事実。 これを読んで自分自身のルートを見つけたい!と思ってくれたら嬉しいと思う。 そして即興演奏のような旅をすることを怖がらないでほしい。 つまりはそれこそが本当のアドベンチャーの始まりだから。

Nicholas with his buddy Beautiful Bruce Gordon Tourer.


Road to NAHBS シゲが見た世界編へと続く。


NEW NAHBS FEATURE SERIES

California Dreamers #1 |Text by Shinya Tanaka

California Dreamers #2|Text by Rie Sawada

California Dreamers #3|Text by Nicholas Haig-Arack