2019/4/21
【SimWorks by Honjo】 New Product Turtle Bell Debut!!

新たなプロダクトやプロジェクトを始めるとき、みんなはまず何を考えるのだろうか? とふと思う時がある。

個人的な考えをここに述べてしまうなら、まずは何のために、誰のために、そしてどうやってと至極当たり前なことを考える。 そしてとても大切なこととして、なるべくなら誰もやってこなかったことを必死に考える。

そのためには徹底的なリサーチをして協力会社との会話につなげていくのだけれど、その殆どがやはり「ボツ」となっていくのだ。

今回の本所工研とのベル・プロジェクトもまた頓挫しかかったのは事実。
でも本当に本当に作りたかったのも事実。

プロジェクトが走り出し、ほぼ3年という長きに渡って生み出されたこのベルは、見る人にとっては変哲のない普通のベルだろうが、そこには本所工研で働く数名のスペシャリストの技術と哲学が打ち込まれている。

モノづくりの現場に度々お邪魔させてもらい、目で見て、話をたくさん聞かせていただいていた、だからこそこのタートルベルをどうしても作らなければならなかった。

製品そのものとしてはとても単純で古臭いかもしれないものが、彼らにしか持ちえない技術で、ひとつずつ丁寧に手仕事で打刻されているベルがあれば、きっとそれはこれからの簡単に生み出せる、デジタルな時代にでも、誰もが、何故か、美しいと思ってしまう本所工研のアイコン的製品になると確信していたし、むしろ新しい亀甲模様をどんな美意識を元に作り上げていくのだろうと、個人的興味がどんどん先走っていった。

本所工研代表、自らが陣頭指揮をし、様々な協力工場へ電話をかけ、足を運び、亀甲のバランスを考え、自らが打刻をうち、ファーストサンプルを自らの足で名古屋まで届けに来てくれた。

僕たちはシムワークスをやっていて本当に良かったと思える瞬間であった。

SimWorks by Honjo
Turtle Bell

Material : Brass
Bell Style : Mechanical
Clump Size : ~22.2mm
Price : ¥7800

黄金色の錦鯉を思わせる雅な亀甲スタイルのベル。 シムワークスオリジナルの亀甲型を用いて、1点ずつすべて手作業にて製造されます。

東京の本所工研秘伝の亀甲模様が真鍮の持つ風合いと引き立て合い、豊かな量感とサウンドを醸します。

 *すべてのベルにシリアルナンバーが打刻されています。

実は通常泥除けの用いる亀甲型とは異なり、シムワークスオリジナルとなる専用の打刻型を用いるために、泥除けの亀甲模様の数倍の製造時間がかかるタートルベルなのですが、快く私たちのわがままを聞いていただいて、むしろ新たなチャレンジとして捉えていただき、製造していただいていることにこの場をお借りして、心より感謝いたしております。

ぜひこれから始まる雨季のシーズンに向けて、本所工研の泥除け製品とともに、この真鍮製のベルが織りなす、豊かなサウンドを楽しんでいただきましたら幸いです。

ご用命は下記のシムワークスウェブストアからよろしくお願いたします。

世界で最も美しいアルミニウム製のマッドガードは、東京都墨田区の本所にある小さな町工場で作られています。1949年の創業以来、ランドナー、ツアラー、スポルティーフといった様々な種類の自転車に装着され、素晴らしい機能とルックスを提供してきた歴史があります。

関連記事