2021/1/27
【Selle Anatomica】セラ アナトミカより新サドルのご案内。

現在において、アメリカ国内で製造する唯一無二のハンドメイドの革サドルメーカー Selle Anatomica / セラ アナトミカ 。

2007年に長距離ベースのウルトラサイクリストであった、トム・ミルトン氏によって長年培われたサイクリングの経験と研究を生かして開発されたサドルは、現在ではカリフォルニア州サンディエゴにて彼の家族がその開発を引継ぎ、ウィスコンシン州の製造工場にて一つ一つ丁寧にハンドメイドで作られています。

自転車と人が一体化した時、最も重心部となるサドルを設計する上で、人間の体の動きに着目し、自転車の上では両脚が別々の動きをすることから、サドルもその動きに合わせるべきという発想が「THE SLOT(中央の穴)」を生み出しました。

ロングツーリストから超が付くような長距離サイクリストまで、とにかくその快適な座り心地を一度経験してしまうと虜になってしまうファンが多いブランドです。

そんなセラ アナトミカから新色のラインナップと、全く新しいコンセプトのサドルが入荷しました!

New Color!! / Tool Leather

既存カラーであったVintageカラーがラインナップから姿を消した代わりに、X1・X2・H1・H2の全てのレザーモデルに新色Toolが仲間入りしました。

独特の斑らなカラーは、職人さんによって使い込まれた道具のような独特の雰囲気を最初から味わうことができるもので、一点一点その斑らの具合が異なります。

もちろん、使い込むほどに色味の変化も楽しめる、育て甲斐のあるカラーです。

【SELLE ANATOMICA】 X1 / X2 / H1 / H2 Leather Saddle

New Model!! / R2 Rubber Saddle

待望の新作 R2 は、セラアナトミカの快適な乗り心地はそのままに、より全天候型に使うことができる耐候性に優れたラバー素材のサドルです。 

簡単に座面とフレームを取外すことができるモジュラー構造が特徴で、座面はラバー素材ながらテンションをかけることができる、サイクリング業界としては初の試みが施されたサドルです。

レザーに比べると多少は硬いですが、防水性に優れているため、雨に濡れたあとのケアも心配無用。R2はツーリング、通勤、あらゆる天候条件でのライディングに最適なサドルです。

【SELLE ANATOMICA】 R2 Rubber Saddle
価格:20,000円(税抜)

価格改定のお知らせ

今回の入荷分より一部商品の価格を改定させて頂きました。
C-Series Carbonを除く多くのモデルがよりお求めやすくなっております。

H1 : 26,000円(税抜) → 23,000円(税抜)

H2 : 29,000円(税抜) → 25,000円(税抜)

X2 : 28,000円(税抜) → 25,000円(税抜)

C-Series Carbon : 49,000円(税抜) → 59,000円(税抜)

写真のサドルは、ちょうど良いタイミングでCirclesがオーバーホールにてお預かりしていたバイクに装着されている昔のセラアナトミカ。まだシムワークスでの取り扱いを始める前のものですが、オーナーさんのお手入れが行き届いており、今でも現役で活躍しています。しっかり馴染んでオーナーさんのお尻へのフィットも抜群に良い状態ですね。

ぜひ、あなたも末長く共にライドを楽しむ相棒として、セラアナトミカを迎え入れてみてはいかがでしょうか?

関連記事