Photo by Rie Sawada

Strawfoot
ストローフット

とても豊かで繊細な感性とその技術をしっかりと自分のものにし、そして作り上げるということに対し明確なゴールを持ったサンタクルズに住む職人 ギャレット・カウツ。 彼が2010年にスタートしたハンドメイドバックメーカー ストローフットが放つ魅力の部分に彼自身がとんでもなく本物の自転車乗りであるという点があります。 もともと自転車屋でバイトをしていたくらいの自転車好き。 現場で自らの手を使っていくうちに、より自分が好きなモノ、自分で出来ること、そしてそれらを形づくり上げて、そしてどうサバイブしていけるのだろうかを探し求めた結果、現在のカバン作りにたどり着きました。

”上質な生地、素材を用いた機能的で丈夫なモノ造りを” その小さな工房では、可能な限りアメリカ国内の材料を用いて伝統的な製法でコンパクトに生産する事の意味を大切にしながら、ギャレット本人が日々手を動かし続けています。

Where to BUY