MEDIA
NEWS / FEATURE / MOVIE

2016/3/18
GCR足助 & 新製品情報!

GCR-ASUKE

先日のブログでもお伝えをしたとおり、今年もきたる6月4日(土)に愛知県足助町にてクリス・キング社が主催しますグルメセンチュリー・ライドが開催されることが決定いたしました。

そして正式なエントリーに先立ちまして、まずは先行予約案内をシムニュース・リーダーの皆様には送らせていただく予定となっております。 ぜひこの機会にグルメセンチュリーに興味をお持ちで、まだ登録がお済みではないサイクル・フレンドがいらっしゃいましたら、登録のススメをぜひブログまたはニュース・リーダーの皆様にもお願いしたく思っております。

メール登録は以下のグルメセンチュリー特別サイト内よりお願い致します。
随時アナウンスがこのサイトより発表されていきますので、ぜひお気に入りへの登録もお忘れなく。

http://sim-works.com/gcr-asuke2016

 

– 新製品情報 –

Greeting From SantaCruz, California. / カリフォルニアから愛をこめて。

 

P1060738

NAHBS前後にカリフォルニア州サンタクルズへ足を運んだシムワーカーたちがこのトラックに夢と希望を一緒に詰め込み、日本へと持ち帰ってきた新商品たちを今回はご紹介したいと思います。

 

– HUNTER CYCLES –

 

今回のNAHBSでもひときわ目立っていたサンタクルズの鬼才フレームビルダー、リック・ハンターが主宰するハンター・サイクルズからも久しぶりのベースボール・キャップが新登場! カラーはネイビーとチャコールグレーの2色です。

今ではお馴染みとなったこのNASA風 HUNTERロゴですが、これをデザインしたKENJI DESIGNSのデザイナー、その名もケンジはその昔クリス・キング社がまだサンタ・バーバラにいた時代の初期ロゴ製作やその他デザインワークを全て行っていたという逸話もあったりするのです。

素材はリック自身が毎日心地よく被れるベースボールキャップを作りたいという思いから、気取らないシンプルなコットンのボディに裏地は伸縮性のあるメッシュ素材のトリコット生地を使用。 こちらも通気性がよく、しっかりした素材なので普段使いからキャンプやハイキングといったアクティビティまで、オールマイティーに被ることのできるカジュアルなベースボール・キャップとして仕上がっています。

 

Woody x Cap


Hunter Cycles / Snap Back Ball Caps
Navy & Charcoal Grey
¥5,300 (税抜)
Made in U.S.A

そして大変長らくおまたせいたしました。
お待ちかねのHunter Cycles Smooth-Move Barが新たな装いになって再登場です! スペックはそのままに、ロゴがレーザー・エッチングでの仕上げとなり復活。 リックの厳しい要望に応えるために日東とともに奮闘しましたので、ぜひその出来栄えをお確かめ下さいませ!

Hunter Laser Logo
Hunter Cycles / Smooth Move Bar
High, Low & Flat Sweeper Style
¥ 8,800 (税抜)
Made by NITTO
 
その他ハンターサイクルのプロダクツページはこちらから。

 

– STRAWFOOT –

 

昨年の第一弾の入荷では即完売してしまったストローフットのベースボールキャップ。 久しぶりに第二弾が前回と同じリップストップ・コットン生地を使用し、ユニークなパッチ・デザインを引き連れて、オリーブとブラックの2色で新登場いたしました。

poison oak


Strawfoot / Poison Oak Caps
Olive & Black
¥5,300 (税抜)
Made in U.S.A

パッチの刺繍デザインはフレッシュエア・ハンターのチームメイト、ダリル・ロジャースが手がけたポイズン・オーク! カリフォルニアの野山やトレイルにわんさか生息する有毒ツタウルシで日本ではあまり馴染みはありませんが、カリフォルニアのマウンテンバイカーやハイカーたちにとっては最大の天敵。 触るとからだ中に醜いかぶれが出る、とても危険な植物なのです。 似たような葉っぱの植物がたくさんあるので 「Remember, 3 leaves!!! / 葉っぱは3枚、覚えておいてね!!!」 と口癖のように言うカリフォルニア人の強い思いを込めてデザインされました。

主宰ギャレットがこのキャップの素材として選んだリップストップ・コットンという生地には、裂け止め処理が施されているスグレモノ。コットン生地にナイロンの繊維が基盤の目状に縫い込まれ、万が一生地が裂けてもそれ以上の進行を防いでくれます。 さらには通気性も良く軽量で非常に使い勝手の良い仕上がりになっております。 被らないときには気軽にバックパックにくしゃっと押し込んだり、自転車バスケットに放り込んでも型崩れしにくく、どこにでも連れて行けるまさにデイリーなアウトドア用ベースボールキャップです。

Hunter Rough Rider

キャップを一緒に作るほど、そんな仲良しな二人がNAHBSで共演したのが、こちら27.5インチのロードプラス・タイヤが新鮮なハンター・サイクルズ ラフ・ライダー。サドルの後ろに取り付けられた、シムワークス x ストローフットのロード・ラップです。 そのシンプルな構造と使い勝手の良さから、類似品を作り出すメーカーが続出しているとか? そんなことはさておき、もともとギャレットが私たちのオーダー用に製作したものを、ナーブスの前夜にリックのショップへ持ってきてくれた時に、みんなが揃って 「ラフ・ライダーにぴったりだ!」 となったので、急遽展示車と一緒にNAHBSで展示することになったのです。 ナーブス会場でも 「ワックスド・キャンバスにカシマックスのバックルなの? クール!!」 など多くの賛賞を頂くことになりました。

starwfoot_roadwrap_blk-2

49928d59-c024-4df2-bc8b-6d06651efa9b


Strawfoot x SimWorks / Road Wrap
Brown, Orange, Navy, Black & Charcoal Grey
¥5,300 (税抜)
Made in U.S.A

ということで? 在庫が長らく切れておりました、ブラウンとオレンジが再入荷しました!
( 他色でネイビー、ブラック、チャコールグレーも在庫でございます。)

ストローフットが主に使用する素材がワックスド・キャンバスとナチュラル・レザー。 それらを適材適所に使用した、ちょっと小振りなサドル・バッグがこのロード・ラップです。 そのネーミングの通りロードバイクに跨がりファン・ライドに出かける際のスペアチューブやタイヤレバー、ミニツールや現金などの必需品をクルクル包み込んでシートに取り付け、携行できるスグレモノ。

あれもこれもと沢山の荷物を持つのではなく、必要最低限に、思考も持ち物もシンプルにいきましょう! 使い込むほどにレザー・ストラップはその深みを増し、生地にはシワやオイルの抜けも加わり、その表情がどんどんと豊かになっていきます。 また先に述べたようにカシマックス製のステンレスバックルもオシャレなだけじゃない、機能的なポイントと言えるでしょう。

※700c以下のロード・チューブ専用となります。 29erMTBなどの太いチューブはくるみきれないことが多いのでご注意下さい。

 

その他ストローフットのプロダクトページはこちらから。

 

DSC_0315
シムワーカーたちがNAHBS前日にハンターサイクルズに立ち寄ると、案の定、総勢でハンターのNAHBS展示車を組み上げている真っ最中。 我々も眠い目をこすり、その作業を手伝うことになるなんて。。。

ハンドメイド・プロダクツのメーカーであるストローフットのギャレットとポーセリン・ロケットのスコットはリック・ハンターを介しての共通の友人。 でもお互い今まで面識がなく、SNS以外では今回が初めての対面だったようなのですが、このハンターサイクルズのショップ内では、リックとギャレット、そしてスコットを含めた3人のジョークが深夜にわたり飛び交っているのを目にし、ビールは少しづつ空き瓶となって転がり、そんなバックステージに潜り込めた喜びをしみじみと感じた楽しい夜でした。

それぞれのプロダクツに関してのご質問、ご購入は
ぜひ日本全国のシムワークス・ディーラーまでよろしくお願いいたします。

 

SHARE for

COMMENT