2017/6/24
SUPER PISTA FLOOR PUMP

1989年のジロ・デ・イタリアの開催期にシリカが初めてスーパーピスタを発表しました。その特徴としては大きな木製のハンドルととても長い50mmのバレル、そして金属製の内部構造を持っていたために驚くべき耐久性を保ちながら、より少ない労力で迅速にタイヤを膨らませることができたのです。スーパーピスタは他のサイクリング・アクセサリーとは別次元で、サイクリストにとっては最高で意味のあるツールとなったことで、フロアポンプの定義と役目を劇的に変化させた名機だと言えるでしょう。27年後、現代のスーパーピスタはオリジナルの理想を当然のように引き継いでいますが、フロアポンプが何をすることができるのか、また何をすべきかについての認識を再び変えるための重要な技術と追加機能が追加されています。人間工学に基づいた新型の木製ハンドルと究極の安定性のために、従来品よりも12倍の広いベース面積と、元の2.5倍の性能を持つ高精度ゲージが再びライドの標準値を変えます。ニュー・スーパーピスタは今一度、ポンプの重要性を再定義し、現代における真のカンピオニッシモになるために生まれ変わったのです。

COMMENT