2019/12/4
【HUNTER CYCLES】New Stock Frames!!

久々にカリフォルニアから大箱が届く。差出人の名はリックハンター。

実はこの夏に、長年住んでいたサンタクルズ・ボニードゥーンからより山側に近いスリーリバーズへと工房ごと引っ越したHUNTER CYCLESのリック。

引っ越しも落ち着き、少しずつ新しい工房での製作も始まっている様子ですが、そんな中、引っ越してから初めてとなる荷物がここ名古屋にどっさりと着弾。 久しぶりのストックフレームをはじめ、ハンターファンならずとも嬉しい充実の入荷となっております。


New Stock Frames / Rough Rider Disc

Rough Rider Disc Frame Set

– Price : 418,000円(税抜)
– Spec & Geometry

トップチューブ長(水平換算)535mm
シートチューブ長(C-T)482mm
ヘッドチューブ長101mm
ヘッドアングル71.5°
シートアングル74°
ヘッドチューブ1-1/8″ Head Tube 
スペーシングF : 100mm x 12mm / R : 142mm x 12mm
タイヤサイズ700c & 650b
タイヤクリアランス700c Up to 40mm / 650b Up to 47mm
ブレーキDISC BRAKE (インターナショナルスタンダード)
BB68mmノーマルスレッド 
カラーYellow、Matt Black & Beige

記憶に新しい、2016年のNAHBSのショーバイクとして作られたバイク。 今となっては定着している650x47BというロードプラスのコンセプトをWTBとともに提唱し、僕らの価値観をガラッと変えてくれたバイクです。

そのバイクのコンセプトをそのままに、シンプルなストレートのトップチューブで、多くの方に選んでもらえるグッドサイズなフレームを3本作ってもらいました。

ジャンルや車種と言った、いわゆるカテゴリーという小さな枠にとらわれる事無く、自らが培ってきた技術とサイクリストが求める感覚の一致点を妥協無くモノを作りあげる。 もしあなたがハンターの生み出すフォーム アンド ファンクションに跨がることになった瞬間から、あなたの自転車生活は確実に真実へと変化していくことでしょう。

リックが長きに渡り過ごしてきたサンタクルズにおいては極めて日常的な、オンロードからグラベルロードへと変化していくロードコンディションにおいて、最良のハンドリングとコンフォート性能を高い次元で整えたラフライダーは、その日の遊び方に応じて700cから650bの2サイズのホイールを付け替えることによって、自分のプレイフィールドを正しく自在にコントロールすることができます。


Hunter’s Classic Cuts Poster

Hunter’s Classic Cuts Poster

サイズ:43cm x 28cm
シリアルナンバー入り(100枚限定生産)

HUNTER CYCLESでリックが今まで作ってきたモデル、そして彼自身のスタイルアーカイブとも言える(?)ポスター。

手がけたのは、独特のタッチのイラストで、今ではバイシクルインダストリーズでも多くのブランドでイラストを手がけているカリフォルニアの奇才であり、リックとも親交の深い Chris Mcnally a.k.a @the.scorps です。

10枚限定入荷ですのでお早めにどうぞ!(※ご購入は1店舗様1枚とさせていただきます。)


その他にも、バンジーコードが付いてパワーアップしたShred Packや、RANDI JO FABRICATIONSとのコラボレートで作ったクージー、プリントTシャツなど、様々なアイテムが入荷しておりますので、是非チェックしてみてください!

関連記事