2016/3/29
How about Seven Cycles?

Seven Cycles

 

春だし、セブンとか良いかもしれない、とご検討中のあなたのためのまとめ。

 

Q.セブンってどこのメーカー?

A.アメリカ合衆国マサチューセッツ州はボストンのとなり町、ウォータータウンに位置します。 最高品質のチタン・バイクを造るため、1997年に起業されました。 元々マーリン・メタルワークスで出会った彼らは、米国内でのチタン・バイク製造に30年近く携わっております。

 

Watertown MA

 

Q.チタン・バイクって色々あるけど…

A.セブン・サイクルズのフレームは全てカスタム・オーダー。 ライダーの身体のスペックを始め、これまでの自転車歴や、新しいバイクをどう楽しみたいか、どんな仕様を希望するのか等をしっかりヒアリングしてフレームを設計してくれます。
SLグレード以上のフレームになると、チューブセットまでもがライダーの為に専用設計されます。 ライダーの要求をより高い次元で実現する方法を常に模索しながら、進化を続けています。

 

 

Q.チューブが専用設計ってどういうこと?

A.セブンの工房には、直径や厚み等、膨大なバリエーションのチュービングがストックされ、オーダーそれぞれの要求に対して適切な材料が選ばれます。 さらにセブンが特別な理由の一つに、自社内でこれらのチューブをバテッド加工できる点があります。 バテッドの位置、厚みを自在にコントロールできることで、無駄な質量をそぎ落とすと同時に強度と剛性を適切に配分し、より理想的なフレームに仕上げることができるのです。 ここまで徹底したプロセスをフレーム・ビルディングの世界で実現している工房は他に類を見ません。
※より詳細な「セブンの技術と製造の方法論」についてはコチラ

 

 

Q.他にもすごいとこあるの?

A.溶接することで金属は膨張し、冷えると縮みます。 この現象によって発生する誤差を極力抑え、究極的に精度の高いフレームに仕上げる為に、ひとつのプロセス内で何度も細かく計測を繰り返すのですが、最も溶接箇所が多く、たくさんの熱が加わるBBシェルに至ってはセブン独特のユニークな方法で処理されます。 全ての本溶接が終えてフレームの形が完全に出来上がってからフレームごとCNC切削マシンに入れられ、定盤にセットされた上でBBシェルのスレッドが立てられます。 これにより歪みの無いパーフェクトなBB周りが実現されています。 心臓部と言っても過言ではない箇所だけに、このような綿密な精度の追求が成されている訳です。(動画内に該当のシーンがありますので、是非ご覧ください)

 

 

Q.でもカスタム・オーダーのフレームって時間かかるんでしょ?

A.季節などによって変動しますが、サインオフ*後、今現在(2106年3月末)では無塗装のフレームは4週間、塗装有りで8週間ほどで仕上がり、出荷されます。 出荷後は1週間ほどで日本のショップへ届けられます。
*オーダーに対してセブンが作成した設計書兼契約書にサインすること

 

 

Q.どこで注文できるの?

A.全国のシムワークス販売代理店の店頭にてご注文いただけます。
オーダーシートを印刷していただき、各項目を埋めていきます。 身体の採寸もペンと本等があれば簡単に行えます。
完成したオーダーシートは、シムワークスにお送りください。 直ちにセブンとのコミュニケーションを始めさせていただきます。

※2016年5月以降の受注分より、セブン・サイクルズの各製品が値上がり致します。 オーダーを検討されている方はお急ぎください!

 

 

17386774702_9626a45a54_k

COMMENT