2012/12/21
GENTLEMEN'S RACE – KOSHIN

 

色鉛筆へ

またがって

ゆくぞ地獄へ菓子買いに

寺山修司「ぼくのつくったマザーグース」より

 

一山終えて、こらえ続けていた空腹もちょっとやりすぎた感じで治まって。

ちょっとした祝福のビールとあいまってなにやらとにかく面倒くさい。

日本語の上手なインド人スタッフが親しげに水をコップに注いでくれた。

一番左のボタンを押せば瞬時に会計が完了する。

その隣のボタンを押せば自宅の暖房が起動し、風呂が沸き、俺を待つ。

その隣は目の前の彼女が嫁になって子供を産み、幸せな家庭を築くボタンだ。

その隣のを押せば俺は死に、葬式にいっぱい友達が来るボタン。

馬鹿馬鹿しい。

そんな”便利”な話あるか。

まぁ、だから俺たち自転車乗ってんのかもしれないねぇとか言って。

日本語の上手なインド人スタッフが親しげに、いや水はもういらないよ。

ありがとうね。

外では俺のチャリが凍えてる。

そいつに跨がってキコキコ帰るんだ。

帰ったらあいつらが必死こいてたビデオを観よう。

今年ももう終わるって。

photo : Yuki Ochiai

text : Ryota Kemmochi(澤さんみたいにはいきませんでした…)

 

COMMENT