MEDIA
NEWS / FEATURE / MOVIE

2015/8/26
With Flowers

現代アートにおいて世界的作家である中国のアイ・ウェイウェイ。
 
北京オリンピックのメインスタジアム北京国家体育場、通称”鳥の巣”をヘルツォーク&ド・ムーロンとともに設計したアーティストであり、その後オリンピックはスポーツの祭典ではなく国に依る政治経済プロパガンダであるとして糾弾したり、四川地震の被害隠匿を告発したりと、常に国家権力に対して中指を立て続ける創作活動を行っています。
東京オリンピック関連の騒動を見ていると、”民意”の強大さも印象的ではありますが、中国共産党と敵対した時の壮絶な戦いは海外メディアから漏れ聞こえてくる内容だけでも想像を絶するものがあります。
 
中国の一般大衆の象徴として大量の自転車を使って作品を作るのもアイ・ウェイウェイの常套手段なんですが、個展のために出国する際に拘束され、不当な理由により没収されたパスポートが返ってくるまでの間、毎日自宅前の自転車を花束で飾り写真を撮影するという抗議のインスタレーション作品”With Flowers”を作り続けていました。instagramに投稿されるその写真が好きだったのですが、先月末にパスポートが返却され、2013年から始まったこの作品はついに制作が終了しました。それらの写真はFlickrにアップされています。
 
19649091195_a80f63fdf0_k
Flickr “With Flowers”
 

何が面白いって、使っている自転車のメーカーなんですけどね。
アイ・ウェイウェイにはコカ・コーラの作品もあります。
ブランドというものに対する自戒も込めて記してみました。
 
Monjya

SHARE for

COMMENT

RELATED ARTICLES