MEDIA
NEWS / FEATURE / MOVIE

2017/4/17
What is Custom? from SEVEN CYCLES

 

 

カスタムとは一体全体なんだろう?

 
カスタムという言葉は本来の意味を無くしてしまったかのように、自転車製造業の世界においてとても何気なく使われている言葉なのかもしれません。 時としてその言葉は、ライダーが自分の自転車に好きな部品を付けることができるという意味であり、あるいは好きなペイントを施すことができるという意味でもあり、あるいは自分の自転車を自分に合ったサイズに作るということができるというような意味でも使われています。
 
今回のセブンサイクル・ブログでは、このカスタムという言葉がもつ意味は、セブンでは上記の説明以上のものであることを今回のブログでは証明したいと思います。
 

 

フィット性&快適性

 
これらの性能を正しく生み出すためには、ライダーのサイズ、プロポーション、年齢、スタイル、健康状態(怪我があるかどうか)を計測した上での長さ(センチメーター)や角度が必要になってきます。 リーチ、サドルの高さ、それぞれのライダーにおける特性の違いなど、それに準じたものが自転車における上半身のサイズ感に当たります。 そして世の中にいる大勢の『カスタム』ビルダーという専門の職人たちのほとんどは、ここから始まり、ここで終わってしまうのだと思います。
 

パフォーマンス&操作性

 
乗り心地や具体的な操作性を生み出すためにフレームをデザインすること。 これは自転車における下半身のサイズ感といえるでしょう。 フロントセンター、ホイールベース、BBドロップ、HTアングルなど。 これら全ては操作性を司り、チューブセットやフレームの硬さもこのデザインに含まれると言えるでしょう。
 

チュービング&素材

 
私たちセブンでは、鉄、チタン、そしてチタンとカーボンの混合で自転車を製造していますが、私たち以外に先に上げたさまざまな素材を使ってフレームを作るビルダーはそうは多くいません。 またそれぞれの素材にはそれぞれの良さがあります。 そして素材を選ぶということは当然として、それ以外にさまざまなライダーに合わせた固有のチューブ(特定の直径やチューブの厚さ)を選び、さらには自社工場にてそのチューブ自体もカスタム加工をすることによって、この世の中で最も洗練された乗り心地を実現させようと日々努力しています。
 

特徴&オプション

 
ブレーキタイプ、ラックアンドフェンダーマウント、デカールの色と配置、塗装、ケーブル配線、カプラー、チェーンまたはベルト駆動部品の最適化。 それらパーツの構成と置換は無限に近いのですが、これらを考え尽くすことが自転車を完璧にセットアップする唯一の方法であり、誰かの決めたカテゴリーというものの間に存在するラインを適当にぼかす方法です。 そしてそれは、妥協することなく、お客様の目標をすべて満たす方法なのです。
 

未来性

 
素材と同じくらいデザインにも恒久性を持たせること、そしてライダーの願望を形にすることがセブンの仕事になります。 レースをするのか? ツーリングをするのか? または通勤をするためなのか? ライダーがもつ体型を通し、どのように自転車が年をとっていくのか? 順応性はあるのか? どのようにして一生乗ることのできる自転車を作ることができるのか? をただひたすらに考えるのです。
 

付け加えさせていただきますと、セブンは上記のようなすべての要望を可能とするカスタム・フレームを、年間に約1700本作っている世界最大のカスタム・フレームメーカーになります。 そして一般的なカスタムの要素以上を含めたフレームを、お客様の欲する目線で正しく作り上げていくとともに、その納期に対してもできるだけ短縮させるための努力を日々努めています。


現在のセブンの納期 : 未塗装 – 6週間 / 要塗装 – 9週間

(セブンが発行するスペックシートにサインをしていただいてからの納期目標です。)

 
 
これからもなるべく皆様に正しくセブンからの情報が伝わるようにブロギングに努めていきますので、ぜひシムワークス・ブログのフォローをよろしくお願いいたします。
 

 

セブンサイクルのご用命はお近くのシムワークス販売店までお気軽におたずねくださいませ。

 

 

SHARE for

COMMENT