MEDIA
NEWS / FEATURE / MOVIE

2016/7/1
The way all terrain.

The Homage - Green x Skin 650b

SimWorks by Panaracer The HOMAGE
Green x Skin Side

Wheel Size : 700c (622) & 650b (584)
Tire Width : 43mm
Bead : Aramid
Compound : ZSG Natural Compound
Weight : 560g (700c) / 520g (650b)
Price : ¥6,200(税抜)


ATB、オールテラインバイク、それはどこへでも行けるバイク。
心の赴くままに、北へ南へ、海へ山へ、登ったり下ったり。
そんなバイクにぴったりなこのジ・オマージュに新色が加わった訳ですが、このタイヤ、どうしてそんなに美味しいのでしょう。

現在連載中のビルダーズ・ドゥ( http://ral.life/ride/buildersdofuji2016 )をご覧いただくととてもわかりやすいので幾つか写真をお借りしました。
ナルホド、本当にどこへでも行っていますね。

このツアーでのオマージュ装着車両は、リエ (Hunter)、マコト (Doppo)、カーティス (Retrotec)です。
リエさんだけが650bだったようですね。

Builders Do by Rie

どこへ行くにしても舗装路はもちろんたくさん走ることになるでしょう。
我が国、舗装率はヨーロッパにおよびませんが、クオリティが違います。
メイドイン ジャパンです。

それはそれは綺麗なアスファルトが日本の隅々にまで行き渡っております。

自転車があまりにも軽快に進むものだから、こんな綺麗な舗装路を進んでいると時に「効率」なんて文字がアタマをよぎることがあります。 限りあるリソースを上手に活用し、より早く、より遠くへ。

というのも、ケイデンスが〜転がり抵抗が〜などの難しい思考をするアタマは、あまり持ち併せておりませんで、その代わりに70年代あたりから日本が急な階段を、全速力で駆け上がった歴史があり、その物流量に合わせて、道路は隅々まで整備され、文字通り、高度に成長をしたのだけれども、そうした効率追求の影にはたくさんの悲しみなんかもあったんじゃないか、タタリガミが出たんじゃないか、といった感じに、どこまでも便利につくられた「」に思いを馳せたりする、かなり横乗りな性格なんです、僕たちです。

Builders Do by Rie

今でこそ誰でもどこへでも行くことができるようになったと言えますが、しかし更にはその昔、東海道などでは馬を曳きながら薬を売り歩いたり、さっきの団子屋の娘の事を考えたりしながら先を急がない旅を続けるという時代もあった訳で、そうかその時足元はワラジか、いや今も変わらんなハハハ、などと一人笑いしながら、一見果てしなく感じるこの道にも終わりがあって、そこはどこか見知らぬ名の岬なのかしらね、なんてとりとめの無い空想を道連れに、黙々とペダルを踏み進むのです。

Builders Do by Rie

しかし、なんでしょう、この大きな森の向こうから僕らを呼ぶ声がする。
仄暗い繁みの奥から甘く、怪しげな香りが漂ってくる。
罠か。
危険を伴うかもしれない。
しかし、「冒険」の二文字に、オフローダーな勇者や遊び人たちは背を向けたりはしません。
舗装路を外れ、森へと進路をとるのです。

Builders Do by Rie

巨大ムカデとの戦いの記憶についてはさておき、スーサイド・フォレストから、ヴォルケーノに至るまで、悪路と一口に言っても色々な顔があります。

フカフカの落ち葉の陰からキノコがコンニチワしてる、これぞ大自然みたいな大きな森。
はたまた、火山岩に覆われて植生も限られた高地、霧なのかそれとも雲の中なのか。
この星も太陽系に連なるひとつの惑星なのだ、なんて感動に震えなからバイクを前へと進めます。
そう、宇宙は本当にダイナミックで、僕らの命は奇跡そのものなんだ、っていう風に。

Builders Do by Rie

こんな浸った冒険ライドをするのなら、タフでキャパシティの大きなATBタイヤが至極快適とここで本題のタイヤのお話に戻ります。
キャパシティが広いというのは上述の用にオンからオフまで、対応できる路面を問わないということ。
そして、それが快適なのは言うまでもなく僕たちが行先きを問われないということ。
特に、新しく仲間入りしたブラウンサイドのオマージュは、パナレーサー社のヒット作、グラベルキングシリーズとケーシングを同じくした従姉妹スペックを実現しました。
アンチフラット・ケーシングの採用で、サイドカットやリム打ちなどによるパンクのリスクが抑えられ、例えばこんな火山岩質のトキントキン(鋭く尖った=名古屋弁)でガレガレのオフロードには重宝するはずです。
何が起こるかわからない、冒険ライドにはベストな選択と言えるでしょう。

The Homage - Black x Brown 700c

SimWorks by Panaracer The HOMAGE
Black x Brown

Wheel Size : 700c (622) & 650b (584)
Tire Width : 43mm
Bead : Aramid
Compound : ZSG Natural Compound
Weight : 550g (700c) / 520g (650b)
Casing : Anti Flat Casing
Price : ¥6,800(税抜)


ATB(オール・テライン・バイク)、音楽でいうとフュージョンみたいでどっちつかずな印象を受ける方もいるかもしれません。 しかし、様式を越えたところでそれらはむしろ原理的でより純粋とも言える気がします。

行ったことのない場所へ、見たことのない景色を求め、地図にペンを入れ、先へ先へ。
自転車で遊ぶという、本来の楽しさに、少しずつみんなが立ち返ってきているように感じます。
ツーリング中の皆の笑顔を見てそう確信しましたね。

Builders Do by Rie

さぁ、オマージュタイヤをインストールして、新しい冒険に備えましょう!

 
 

SHARE for

COMMENT