MEDIA
NEWS / FEATURE / MOVIE

2014/3/23
-Saturday Selection- Cal Days2

-Saturday Selection-
Cal Days2

 

TEXT : SHINYA TANAKA
PHOTO : RIE SAWADA

 

時間が過ぎていく感覚が違う。
もちろん業務内容が日本にいるときとは全くもって違うのだが、
時間に追われるのではなく、時間を自分で使っているような感覚。
そんな森のなかの毎日である。

13281281954_89d5610ab0_b

規則正しい行動がとても重要なのだと、
とても意味ありげなフレンチトーストが朝食にサーブされた。
悪くないスタートだ。

 

そしてやるべきことを手際よくこなし、さっと着替えてたら森の探索の開始。

13281543443_5a10921df3_b

今年の冬は雨が少なくとても森がとてもドライ、
なので山火事を防ぐために先に進路を断っておくのだという。

 
13281388715_9857cf2e84_b

わが国のアスファルト占有率高さは世界的に見ると
圧倒的だということを知らない人は多いだろう。
“流行”とはそういった環境下から生まれることが常であり、
そしてそれを知るだけでも頭のまわり方は格段に早くもなる。

 
13281738824_cff499d36c_b

たどり着いた先の物見小屋はクールと言わずしてなんという。
時代時代の多くの若者がここでパーティーをしてバカになり、
そして何を思ったのだろうか? 

 
13281384655_32b7f3e9a0_b

その横にあるイーグルロックは全ての人にとって特別な休憩所。
そしてヒトの小ささを圧倒的に感じさせてくれる。
それはとても冒険的である。

 
13280929595_c55e00d1d4_b

ライドから戻り少し遅めの昼食は有り物を大胆に。
それはまさにインスピレーション勝負。
 
そしてまたやるべきことをやってから、注文をこなすため久しぶりに海へ降りる。

13281269893_79c2114df7_b

かつて使われていたフレイトレイルはダベンポートからセメントを運び、
サンタクルズで街が作られる基礎になったという。
そして余談だがダベンポートはオドワラジュース発祥の地でもある。

 
13281407374_89db822a16_b

太平洋に沈む夕日をなかなか見る機会はないのだが、
大海にゆっくりと沈みゆくそれは、
毎日確実にこの球体が回り続けていることを僕らに告げている。
 
明日は街に出る。
やるべきことはまだたっぷりとある。
すべてが上手く回りだしているような気もした。
 
 
Cal Days3に続きます。

 

SHARE for

COMMENT