MEDIA
NEWS / FEATURE / MOVIE

2018/4/7
【RawLow Mountain Works】SimWorks Special Tabitibi Tote!!

  
 
このブログをご覧の方で、タビチビトートという名前を聞いたことのある人はきっと少なくないことでしょう。 この時期だとお花見(名古屋はもう葉がついてきていますが、山の方ではこれからが見頃です!)や街へのお出かけ、もしくはツーリングやトレイルライド、はたまた旅先へ。 いつでもどこへでも気軽に持ち運べるバッグの代名詞と行っても過言ではないのが、このRawLow Mountain Works / ローローマウンテンワークスTabitibi Tote / タビチビトート
 
昨年末にコラボレート企画として御案内しました、シムワークス別注のスペシャルエディションが限定数でご用意できました!
 

 
 

【SimWorks x RawLow Mountain Works】
Tabitibi Tote

 

COLOR : Explosion Black , Look at Me Tan
SIZE : W27cm x H19.5cm
CAPACITY : 1~5 ℓ
MAINE FABRIC : Ballistic Nyron
ORIGIN : Japan
Price : ¥9,000(with out tax)

 

 
RawLow Mountain Worksの二人との出会いは、二年前に開催された第一回OMM BIKE。 レース中にフィールドで見かけた二人はお揃いのウェアにお揃いのBike’n Hike Bagをバイクに付けレースを楽しんでいた姿がとても印象的でした。 地元が名古屋であり、元ダウンヒルライダーであり生粋のサイクリスト、そして山歩きが大好きで、時間さえあれば山行をしたりと、ジャンルを問わず遊びというものと真っ向から向き合っている彼らと我々シムワークスが意気投合するのに長い時間は要しませんでした。
 
 
そんな彼らとともに、サイクリストのみなさんにも喜んでもらえるものをと思い今回製作したのは、オリジナル・サイクルジャージやWelldoneが手がけるサイクル・キャップでお馴染み、Explosion、Look At Meのシムワークスオリジナル・パターンで彩りを加えたスペシャルなアイテムです。
 
 
なぜ、このタビチビトートが多くの人に受け入れられているのでしょうか? その答えは、ありそうでなかった絶妙なサイズ感、そしてローローマウンテンワークスならではのギミックにあると思います。
 
タビチビ”トート”という名の由来でもある、底面部分のマチを広げられるギミックにより、サコッシュのように使えるバッグをちょっとしたお出かけなどにも便利な小さなトートバッグとして使うこともできる点、そして取り出し口の部分もダイニーマ生地の天マチ部分を上部に引き上げることで容量を増やしたり、また天マチを内側へ落とし込むことでバッグ内部とは分離した状態でウォーターボトルを仕舞えてしまうという、細部まで行き届いた作りは彼らならではのもの。
 
 
シムワークス別注ということで、末長く使い続けてもらいたいという願いを込めて、通常のタビチビトートとは違い、素材には耐久性に優れたバリスティックナイロンをセレクト。 これによってハンドルバーバッグとして括り付けた際にハンドルやフレームに擦れても気にすることなく使い込んでいけます。 今回はハンドルに取り付ける際に必要となるバンジーコードや、底板も標準装備しています。
 
 
ボトルや補給食を入れてライドのお供に、またはカメラや財布などを入れてプラっとお出かけしたり、もちろんサドルから降りても肩掛けや手提げのバッグとして気軽に使えるので、あなたの日常の中のあらゆるシーンで使っていただけます。
 
このスペシャルなタビチビトートはシムワークスローローマウンテンワークスのオンラインショップのみでの完全限定販売となりますので、皆様この機会をお見逃しなく!
 

SHARE for

COMMENT