MEDIA
NEWS / FEATURE / MOVIE

2014/7/26
Portland Gourmet Century – Olympic Provision’s Alex Yoder

いよいよ近づいてきたPortland Gourmet Centuryですが、特派員はもう先入りしてポートランドをしっかりと堪能させて頂いています。 先日からBUZZで開始した今回参加するシェフについての各インタビューがとっても秀逸なので翻訳して
みましたのでぜひ読んでみてください。
 
生きるヒントがそこにはたくさんあるはずです。
 
ポートランドグルメセンチュリー/
レストラン・オリンピックプロビジョン:アレックス・ヨーダー

 

あなたの名前は?

アレックス・ヨーダー

 

料理の世界に入ったのはなぜですか?なぜシェフになったのですか?

食べ物とレストランが昔から好きだったんだ。みんなのために料理する事って最高なんだよね。

 

どこでシェフをしていますか?どんな料理を作って、どのような雰囲気のレストランであるかを少しで良いので教えて下さい。

オリンピック・プロビジョンで働いているよ。僕らが提供する肉を目立たせるために色々な食べ物が彩り飾っているんだ。シャルキュトリボードが人気があるね。みんなチーズと肉を一緒に食べるから、チーズボードも人気があるかな。もちろん、こんなに肉が周りにありつつも、自分の仕事は素晴らしい魚、そして野菜料理を作ることなんだ。ここは、ワインショップでもあるから、ワインに合う料理を作っているのも確かだね。雰囲気としては工業的な感じだけれど、居心地は良いよ。

op11

あなたの料理に対する経歴は?

オレゴン州の南側で本格的フレンチレストランでプロとして料理人をしてたんだ。この街ではCastagnaで働き、ここに来る前はClyde Commonで働いていた。ある時はシカゴでもコックをしてたけれどね。

 

現在あなたの中で一番料理をしたいと思うものは何ですか?

ローストベジタブルのジェノベーゼペストのせ。スプリングオニオン、ジェムレタス、コーラルマッシュルーム、そして季節の初ズッキーニを混ぜるんだ。全てを綺麗にローストし、室内と同じ温度にしてバジルペストを添えて出すんだ。

 

あなたの大好きな食べ物を教えて下さい。

1つだけじゃないのは確かだね。一気にテーブルに並べられる小さな料理が好きだよ。例えば、バーベキュー。肉があるけれど、サイドにいろんな食べ物もあるしね。楽しく食べたいんだ。メインの料理を目立たせるために作られる小皿料理を出すエチオピアン料理と中国料理は似てるところがあるかな。

 

あなたが料理したくないものと食べたくないものは?

冬のカボチャはどうも苦手だね。舌触りが嫌なんだ。

 

シェフはイライラする事がありますか?

そりゃたくさんあるでしょ。今若い奴らがすごいはまっている、皿の中心から食べ物をずらすやりかた。あれは嫌だな。子供によくある目立ちたがる事だけが先に行ってる気がするからね。スービッド(真空調理)エッグは?四角の皿は?エクスペダイターがフードランナーに大きな声で叱っているのも、お客様がみんなびっくりするから嫌だな。

 

シェフになることで嬉しい事はなんですか?

仕事そのものだね。自分の足で立って、与えられた日々に様々な小さな仕事をこなしていくっていう。12時間くらい料理してられるし、全然飽きないんだ。注意深く観察していれば、みんなを幸せにできる。

op2

あなたはサイクリストですか?

サイクリストではないね。仕事場と家が近くて自転車で通勤するくらい。だってレストランの周りの駐車場事情が最悪だからね。

 

趣味は何ですか?そしてなぜか聞かせてもらえますか?駆り立てられるものは何ですか?

僕は走るね。走るのは好きなんだ。走ってると色んなものが見えるしね。クックブックを作る事かな。当たり前だけどね。

 

もうすぐ開催されるグルメセンチュリーに関して、何に対してワクワクしていますか?それとは逆に心配な事はありますか?

他のシェフと一緒に仕事ができるなんて本当に嬉しいね。数人は昔一緒に働いた事があるけれど、新しく出会う人もいるしね。ただ単に僕の好きな料理をみんなに食べてもらえるっていうのが嬉しいよ。500人にサンドイッチを作るのがどれだけの時間がかかるかって考えるとちょっと怖いけれどね。実際の話し、どのくらい時間かかるの?(笑)終わった後教えてあげるよ。

 

このイベントでどんな料理を作りますか?

ランチを提供するつもりだよ。オリンピックプロビジョン特製スウィートハートハム、バター、ブリーサンドイッチを作るつもりだよ。この世の中で一番好きなサンドイッチなんだ。あと、レモンガーリックビネガーをかけたラディッチオとチェリートマトサラダをビーガンの人のために作るつもり。ムラサキ貝のサラダがのったクラッカーをディナーに出そうと思っているよ。

 
自分でグルメセンチュリーを開催したいですか?
オレゴン州ポートランドのクリスキングカフェでお話を伺います。又は新しいサポートプログラムをもって私たちからあなたに会いに行きます。 
詳しくは www.gourmetcentury.com/eventspace
 
さぁポートランドグルメセンチュリーの開幕です。
しっかり走り、しっかり食べ、新たな人達に出会ってきます。
 

SHARE for

COMMENT