MEDIA
NEWS / FEATURE / MOVIE

2013/8/12
-Monday Selection-

*人生3度目の表敬訪問

彼らと共に働くようになり常に考えることは、その名の中に存在する “Precision” とは一体何を表し何に向けて発信をしているのであろうということであった。
最近ではその言葉の本質は単純にそれ自体の意味としてだけでは表すことができないのだと悟り、その元に集まってきた人々は、その “Precision” の本当の意味を知り、自らの責任のもと様々なアクションを起こし始めたのがその集合体の現状なのであろうと考えている。
 
そしてその大小さまざまな結果の積み上げこそがその名に恥じない真実の重みとなって、僕らの前に”そっと”提示されるだけなのだとさえ思う。



何事も始まりが肝心なのであり
 



そこには技術が必要不可欠でもある
 


美味けりゃ良いという解答もなきにしもあらず
 



時にはユーモアや大量生産がベストアンサーにすらなる
 



結果、名は体を表すのは必然なのであろう
 
 
ただ正確であることだけが大事であるのなら、僕はそこにはいないだろう。
正確に見通す力や考えた答えがあるからこそ、それに見合う正確さが必要となり、その結果としての確かな成長や、豊かな生活は生まれるのだろう。
 
 
そして美味いメシの為だけに海外に行って走るこのイヴェントには参加する理由が僕にはしっかりとあるのだが、例えばそれはなぜきみは生きるのだ?などという”不正確”な問いかけに対し、いつでもぼくらにはそいつらに対し”正確”に答える義務があるのと一緒だから。
 
答えは明快に僕はただ美味いメシと遊ぶ為に生きるのだからだと。
 
 

SHARE for

COMMENT