MEDIA
NEWS / FEATURE / MOVIE

2015/4/8
[Bike 伊豆 between you and me]We wanna understand your everything.

SimWorks XC Racing

 

つてぼくがカスタムオーダーしたフレームは、その時点で乗っていたバイクのこことあそこをこういう風に変えてほしいというオーダーをして作ってもらったものです。
ビルダーのロジックを聞くことなく、ぼくの主張を押し通して作ってもらったものでした。。。

 

今回のSeven Cycles Sola Sは、ほぼSeven Cyclesの設計のままに作ってもらいました。(ちょっとだけ外観について申し入れたのはここだけの話ですが。w)

 

まず、欲しいフレームはレーサーであること。
29erでシングルスピードであること。
あとは身体測定値とライディングスタイルをオーダーシートに記入していくのですが、もうね、オーダーシートを埋めていく時点から楽しいです。

 

身体測定の際に用いた計測ツールは何ですか?
ペダリングケイデンスは平均するとどのくらいですか?
あなたは回転型ですか、それともトルク型ですか?
コーナーは惰性で流しますか?
登坂はシッティングですか、それともダンシングですか?
タイ焼きは尻尾から食べますか、それとも頭から食べますか?
などなど、ぼくのことをこんなに知りたいという人が太平洋の向こうボストンにいるなんて。
この時点でめちゃくちゃアガります。

 

とにかく、あなたの詳細な全てを伝えてください。
身体測定については実際に自転車に乗る時間帯に計測するのが最善でしょう。
ショップで計測できない場合は計測者は2人以上が好ましいと思います。
ライディングスタイルや体の柔軟性については決してサバを読むことのないように。
Seven Cyclesはあなたの持てる力全てを引き出すお手伝いにすぎません。
そのためにあなたの持てる力全てを知らせる必要があるのです。

 

ちなみに、普段の練習で走る峠での話ですが、今年に入ってからは調子を落とし、ベストタイムよりも2分遅れという日々が続いていました。
しかし、Sola Sに乗り換えた途端、ベストタイムから20秒遅れというところまで縮めることができました。
それは物理的な作用なのか、それとも情緒的な作用なのか・・・・。
僕自身は両方の作用が働いたと思っています。

 

text : Hiroki Ebiko / SimWorks XC Racing

 

SHARE for

COMMENT