MEDIA
NEWS / FEATURE / MOVIE

2011/3/18
All about my friends #5.

 

大御所からの誘いをムゲに断る程オレは野暮じゃない。
NAHBS会場にて西海岸にいるのならなぜに来ない?と、
ちょいとひとっ飛びしちゃいなYouなんて誘われたもんだから
そりゃ行くっきゃ無いでしょとチケットを即ゲット。
行ってきましたポートランド、オレゴン。
DSC_0169.jpg
@ChirsKing Factory
そうなのね、彼らからのお誘いは誰も断れませんよね。
しかも今年度の “Cielo” のラインナップを見た日にゃね。
でもまずはTourですね。 いわゆる工場見学。
ほとんど写真は撮らしていただけませんのであしからず。
DSC_0174.jpg
Employee’s Bikes.  can see 5 Cielo at there.
DSC_0186.jpg
@Cielo main Office
DSC_0178.jpg
DSC_0179.jpg
70’s Cielo made by Chris King
ロゴも作りもほぼ昔と変えずにやっております。
もちろん手間は掛かりますが、それをしなくてはいけない。
良いものを造り出していく基本中の基本。
DSC_0195.jpg
They are going to SpectrumPowderWorks.
DSC_0190.jpg
Jigs for Cielo & Beloved.
What’s Beloved?
It’s his concept project,,,
Who is his?
DSC_0201.jpg
Hey Nick!   Long time no see you!
分かる人は分かりますね。
彼はSurly’s Original 3のひとり。 去年ポートランドに引っ越してきて
今はKing Factoryの一角にてBelovedというコンセプトメーカーを
取り仕切っております。
RaphaのBikeProjectの1台で覚えていませんか?
DSC_0202.jpg
みんなポートランドに住みたいのですね。
ある種の価値観を共有したくなるのでしょうね。
そこにはVanillaやHafnagelやIraやTonyがいて、
RaceやRide Eventが定期的に開かれて、
限りなく多くの人が自転車で会社に行き、
語る事も多くあって、Kingみたいなコンポーネンツ工場もある。
そこの人や事と混じり合うという事は、
多分限りなく”EDGE”にいると表現しても良いのではないでしょうか?
そして話を戻します。
今年度のCieloのラインナップです。
初年度から比べかなりラインが増えます。
徐々にですが。。
まずはSportif “Racer”
Short Reach Caliper Brakeを使用するSteel Racer frameです。
Chain Stay, Head Tube共に少し短めにして、より軽快さを求める人たちに。
Cielo OriginalのVertical Drop Endも採用しております。
Lady’s Sizingも、もちろんあります。
Cielo MTB Frameに小さめサイズがお目見えいたします。
XXS, XSサイズは650b Tire仕様で展開。
シートステーもOriginal Classic Stay(Until 2.2″)とS-Bent Stay(Until 2.4″)のバックスタイルのチョイスが出来るようになりました。
ライディングや自身のお好みに合わせて選択ください。
(個人的にはS-Bentはうれしいです。)
はい飛び道具です。
去年のPedros CX Teamとの成果を今年遺憾なく発揮いたします。
3台からの特別受注ですが、チームカラー色の選択が出来ます。
ForkはENVE、HeadTubeはKingInSetStyle、
もちろんVertical Drop End採用です。
更なる詳細は追って後日更新いたします。
あとはStainless Racerが登場するとかしないとか。。。
Cielo製のFront Rackの出来がものすごく良いとか。。。
フリーボデーやBBに、なんとなんとの新展開だとかないとか。。。
今年は日本における “Cielo” 元年にしたいものです。
超高性能マスプロメーカーが本気で提案をしてくれているSteelのフレームです。
なぜ彼らがSteelを今なのだか分かりますか?
その答えは “楽しみ” と “良い自転車とは何か”。
分かっているひとや分かりたい人はぜひご興味を持っていただけますと
とてもとても嬉しいのです。
< /div>

★お問い合わせはぜひこちらまで。

SHARE for

COMMENT

RELATED ARTICLES