MEDIA
NEWS / FEATURE / MOVIE

2016/6/25
40 years in business…

Chris King in Kyoto

クリスキング社が創業40周年を迎えたこの年、初夏の爽やかさの中で、またしても僕たちは彼と同じ釜の飯を頂いていました。
比喩ではなく、ほんとうに。

その歴史において僕たちがビジネスを共にした時間はまだ僅かだけれど、少ない接点のそれぞれに於いてちょっと普通じゃないシンパシーというかテレパシーみたいなスパークが続いてて、その連鎖が昨年のグルメセンチュリー足助だったり、今年もそれやろうよ、また行くよって言葉になって、そこには新しいひとつの輪が出来上がっていたのです。

キング氏は静かで落ち着いた雰囲気の持ち主だけれど、それはそれは引出しの多い人で、例えば東洋文化からの影響についても自身の言葉で語ることも少なくありません。先のインタビューでもお話にあったように、彼のモノ作りの出発点には、ヒッピーイズムにみる”争い傷つけ合うこと“とは真逆の方向を目指すことがあったり、それが”全ての命に対する関係をどう築くべきか“をその結果をもって語ることを目指す「」の精神に沿っていたりと、心の在り方や生き方といったものを探求する上でどこか常に日本や日本的なことを気にかけていてくれていた事をとても嬉しく思います。

Chris King in Kyoto

そうして歩んできた40年。極東の離れ小島の日本という国に足を踏み入れて、今というひとつの結果と辻褄をピタリと合わせる瞬間が、この日本を見て回る意味なのかもしれません。(オバマさんより一足早い広島訪問でしたね)
今年はもっとゆっくり日本を見て回りたい。自転車に乗りたい。また京都に行きたい、と更に踏み込んで僕たちとの時間を過ごしてくれました。流暢にギターを掻き鳴らして僕らを驚かせてくれました。
彼の集めたピースがひとつの絵になって、こうして日本をうろついて見つけたなにかの瞬間とピタリ重なってくれていたら最高だなんて思います。

Chris King in Japan
 




ありがとうクリス。そして40周年おめでとう。
みんなが今笑顔で自転車を楽しめていることの部分には、間違いなくあなたが積み重ねてきてくれたことの意味が織り込まれています。
そして、あなたが積み重ねてきたことの部分に、僕たちがそれ自体をお手伝いすることが織り込まれている事に感謝します。
これからも是非、よろしくお願いしますね。

Chris King in Kyoto

さて。
この記念すべき年、その祝祭に捧ぐべく、ささやかではありますが、僕たちもちょっとしたアイテムを用意しました。
シム・ドロップスの CK40th スペシャル・エディションです。 オリーブ・グリーンのアノダイジングにキング氏のサインがレーザーで刻印されています。
日東さんにはこの特別仕様のために研磨工程を増やし、より美しい光沢と染色の実現からボルトの仕上げに至るまで余念の無い、まさに「特別」なアイテムを作って頂きました。

Sim Drops CK40 Limited Edition
¥2,500-(税抜)

隅々まで余念の無いバイクアッセンブルを目指す時には、文字通りその先端に至るまで気をつかいたくなるものです。 シムワークスが送る日東製の美しいハンドル群、そのエンド部分に間違いのない輝きと安全をどうぞ。 そして今年はクリスキング社の生誕40周年ということで、クリスキング x 日東 x シムワークスがタッグを組んで、みなさまとその祝福を分かち合えればと、数量限定で生産した特別なシムドロップです。

・For 22mm & 24mm diam. bars.
・Material: Alminium
・Bar inside: 15.5~17mm / 22mm, 20~22mm / 24mm
・Color: OLIVE CRATE
・MADE BY NITTO IN JAPAN

 
 

SHARE for

COMMENT