MEDIA
NEWS / FEATURE / MOVIE

2014/1/18
125,000 Feet from CK BUZZ

125,000 Feet from ChrisKing BUZZ
クリスキングという会社そのものをとても上手く伝えているエントリーだったのでここで紹介したいと思いました。 皆様にもぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです。

 

1,000,000個 積み重ねたクリスキングベアリング
= 125,000 フィート = レッドブル・ストラトスの高度

クリスキングベアリングの輪を1,000,000個を縦に一本、垂直に宇宙へ向かって並べてみると、なんと先日あのレッドブル・ストラトスプロジェクトで活躍したフェリックス・バウムガートナーが、アメリカ合衆国ニューメキシコ州上空39,014メートル(128,000フィート)の成層圏からジャンプし、フリーフォールの世界新記録を果たした、高高度からの脱出においての安全性の発展とその情報収集を兼ねたミッション、Red Bull Stratos(レッドブル・ストラトス)を成功させた高さと比例していたのでした。

そして、2014年1月14日、米国時間午後2:38、クリスキング社所属、エドワード・パニーブレッツ氏がその100万個目のベアリングを旋盤にかけたという記録を更新しました。 もし皆様とご縁があって過去10年の間にいずれかのクリスキング製品を購入していただいたのであれば、間違いなくそのパーツはエドワードの手によって製造されたものに間違いありません。
 
さらに、もう一段階上のレベルの興奮する本日の出来事いえば、クリス・キングが本日誕生日を迎えました。 同時に従業員や仲間と一緒に、この大きな歴史的記録を達成できたことが彼にはかけがえのないプレゼントとなったことでしょう。
 

そしてやはりここまでの道のりにはたくさんの歴史が刻まれています。
製造管理責任者であったクリスティーン・コール氏が一番最初にクリスキングのベアリングの輪を刻んだ人物となり、それ以来そのベアリング製造機械の回転は止まることがありませんでした。これらの機械はNew Britainで製造され、ルーベン・ララ氏へと受け継がれました。 わたしたち、クリスキングの製造技術の中でもっとも重要な事といえば自分たちの技術とその機械を常に最新化させることにつきます。

そしてルーベンはこのベアリング製造機械を常に最新化するためにいなくてはならない人物だったのです。
 

だが、残念なことに、ルーベンはもう私たちと一緒ではありません。
癌との闘病生活をした後、去年この世を去りました。
しかしながら僕らは信じています。彼の魂は彼がずっと使っていたこの機械の中でずっと一緒に生き続けているということを。
そしてエドワードが100万個目のベアリングを空高く積み上げた記録達成者の人物となったことを、きっとルーベンはその機械とともに誇りと思っていることでしょう。
 

勤勉であることの大切さを誇りに働くわたしたちのすばらしい仲間と共に、その記念・追悼をたたえ、クリスキングを囲みみんなでケーキを食べ、集合写真を撮りました。
 
次回の100万個目の記録を達成する日を僕ら自身もまた心待ちにしているのです。
 
– ChrisKing BUZZ –
 

SHARE for

COMMENT