MEDIA
NEWS / FEATURE / MOVIE

2013/10/4
The season has just started…


今年も世界的にクロスシーズンがやってまいりました。
 


(今年は中秋の名月のクロスべガス)
 
インターバイク期間中に開催されたクロスべガスでの圧倒的なネイスの世界レベルの走りには唖然としましたが、それぞれみなさんの価値観の中で自身としっかり対峙することがレースやトレーニングを楽しむ秘訣のひとつだと思います。ぜひしっかり楽しみ、苦しみながら今シーズンを乗り切って下さい。

 

そして先週末は海外出張に乗じ、今年より新たにスポンサードさせていただいているSFのCXグラスルーツチームのFreshAir/HunterCycle CX Teamの初戦であるBayArea Super Prestage Series CandeStick Cup Raceへと彼らの応援にサンフランシスコまで行ってきました。
 

 
もともと昨年SimWorksとして “FreeWheelBicycle” のCXチームスポンサードをしていたのですが、チーム代表のTravis氏のFreshAirBicyclesの出店に伴って新たなグラスルーツCXチームとして再起動した、”FreshAir/Hunter Cycles CX Team” を今年からはSimWorksコンポーネンツを中心にサポートを再度開始させていただくことになりました。
 

 
そしてSimWorksが日本国内での販売を請け負っています “HunterCycles” のビルダーRickHunter自身も今年はトップカテゴリーにて参戦。 初戦のゴールポジションこそ中盤位でしたが40を過ぎてのその躍動ぶりは僕自身をもこゝろ奮い立たせてくれた素晴らしいものでした。 ちなみに今年はバイクをクールなマッドグレイのDiscCXに乗り換え、今年のトレンドカラーになりつつある(カモフラージュとの相性がいいからでしょうか?) オレンジバーテープとともにでっかいバイクを丁寧かつ豪快に走らせて行くその様は、常に観客にインパクトを与えるでしょう。彼の今後のレースからのフィードバックは自身の製作においてさらに活かされていくと思いますのでみなさまのご声援よろしくお願いしたします。
 

 
同トップカテゴリーにて最上位ゴールしたキャメロン君はSFでじわじわ人気上昇中のフレームビルダー。 そのFalconerCyclesに自身で跨がっての9位のシングルポジションゴールは素晴らしいの一言!

 

彼も今季はDiscCXなのですが彼のバイクで目に飛び込んできたものがこちら! 
DISCブレーキのシステムにはこの奇妙な?ものを使っています。
 

 
彼はシマノのハイドロのブレーキタッチをとても好んでいるようで、XTRのレバーを改造してワイヤーでハイドリックを引ける様にとのこと。
チャレンジ精神はいつもとても大切ということなのでしょう。
 
総勢15名のグラスチームですが今後の活躍も期待しつつ、シーズンの中間にまたご報告します。
 
その他、まぁメリケンCXはこんな感じです的写真を若干アップしておきますので、みなさまに楽しんでいただければ何よりです
 

(Meat)
(Gusty race day)
(Barrier zone)
(They know how to roll!)
 
またその他もSimWorks Flickrの方に多数アップしてありますのでそちらもどうぞ。
 
 
そして国内でもHunter/SimWorks CX Teamが今年も活動を開始しました。

チーム全員がそれぞれの目標を持ち転戦をしておりますので、国内のレース等で見かけましたらぜひみなさまの応援、鼓舞をよろしくお願いいたします!
 
今年も国内外を含めSimWorksスポンサードチーム員の活躍に御注目をくださいませ。
 
 
Text & Pics by Shinya Tanaka

SHARE for

COMMENT