Imported by

Build Team

 クリス・キング / Chris King ジェイ・シシップ / Jay SyCip バック・オーレン / Buck Olen Nick Sande ジェシー・バンブリック / Jesse Bambrick クリス・シュグリア / Chris Scuglia Ben Falcon David Cox

ビルド・チーム

Cielo CyclesにてChris Kingを支えているフレームビルディングチームは、Chris King Precision Componentsから引き抜かれたベテランのフレームビルダーが混ざっています。彼らが作る自転車のように、昔と現代のアイデアと技術が混ざり合ったチームになっているのです。

創設者:
プロトタイプの作成、デザインワーク、全ての運営に付け加えて、クリスキングは未だに製作過程において重要な役割を担っているのです。Cielo by Chris Kingは一つ一つ作られ、クリスキング自身が作る超限定プレミアム自転車になっています。


デザインマネージャー
Jay SyCipは1992年に彼の弟Jeremyと一緒にSyCip Deisignsを設立しました。陰ながら、彼らの抜群な社交性と、自転車コミュニティーへの情熱によって16年もの間自転車をデザインしてきました。Jayは2008年にKing Cycle Groupに加わり、Cielo Cyclesの生産過程の監督をし、一方ではプロダクトマネージャーとしてChris King Precision Componentsにて働いています。


シニアフレームビルダー:
Buck Olenはサンタ・ローザにて育ち、5歳の時に初めて自分の自転車に乗った。学校を卒業した後、幾度か旅をし、沿岸警備として短期間働き、その後北カリフォルニアに戻りました。

「サンフランシスコでBMXやマウンテンバイクに乗ってる奴らと一緒に遊んでたんだ。あと、ブレーキが無いシングルスピードのロードバイクに乗ってたかな。止まりたい時、足をフロントのホイールに差し込まなければ止まらなかったんだ。みんな興奮しながらそんなことやってたね。別にメインストリームじゃなかったけれど、みんな自転車に乗ってて、また自転車に恋をしてしまったんだよ。」

Buckは建築現場の仕事をやめ、道具やトラックまで売り、自分のアパートで、自転車を買ったり、直したり、交換したり、改造したり、手入れしたりしてました。まさに、『ガレージショップ』スタイルでした。彼は、中古品の店や、ガレージセールなどを回り、パーツやフレームを探しました。一方で彼は、サンフランシスコにてメッセンジャーとして1週間に4日、1日に5時間働いていたので、十分に自分のビジネスをするのに時間があったのです。Buckは非公式にオールドスクールなメカニックの元、弟子になりました。この事が数年後にDave's Bike and SportというローカルのショップにてJayとJeremy SyCipに出会うきっかけとなるのです。この時には、Buckは既にプロのメカニックになるための資格を取る事を考えていました。彼は、色々なところに出向き、次のキャリアのために面接を受け始めました。彼は、オレゴン州ユージーンにあるCo-motion Cyclesにてブレージング部門の面接を受け、2ヶ月後に働き始めました。BuckはCo-motionにて唯一他のブレーザーとして15年もの経験を積んだBob Westmanに教えられました。1年間、遅くまで仕事をし、週末まで練習に励み、Buckは溶接を任され、マイタリングを始め、工場内の全ての職務をこなすようになっていったのです。3年間で1,000体もの自転車を組み立てました。その時、BuckはJay Sycipに駆け込んだのですが、既にJayはCieloにて働いていました。BuckはJayにもっと挑戦をしたいと、そしてポートランドに引っ越す機会を伺っていると言う事を伝えました。4ヶ月後、BuckはChris Kingの工場にてGabeとChris本人と一緒に自転車を作っていたのです。

「Chrisと一緒に働くことはとても恐れ多かったけど、彼はショップにすぐにでも戻って自転車を組み立てる事がしたいんだろうなということがとても分かった。だから、俺たちみんなとても楽しんでいたんだ。」

プロダクション・スーパーバイザー:
Nick Sandeは片手で年数が数える事ができるくらい、彼の人生の中で自転車に関わっていなかった事はとても少なかったのです。4年間はまだ子供の頃、歩いたり、話したりする事に費やしました。5年目の時は、高校の時に、'84 Chevy Caprice Wagonに乗っていました。Nickが言い訳をするには『ソファーにホイールがついただけだよ』と。その時以来、自転車に乗り、自転車の事ばかりを考え始めるようになったのです。20代の時、彼はポートランドとミネアポリスの間を行き来しながら、自転車ショップで働きました。1993年に、NickはQBPで働き始め、それ以来16年間、代理店からホイール組み立ての製品開発、そしてエンジニアリングまで全ての事をやっていました。NickはQBPでの仕事をやめ、Surlyの現在のラインを作り上げるために7年間もの時間を費やしました。

ミネソタ州の長く、寒い冬は、ついに人命をも奪い、Nickの自転車を使って探検するような元気な力も根こそぎ抜き取られてしまい、そのために、ポートランドに引っ越しました。街の自転車文化は繁栄しており、街の外に簡単に行く事も可能にして魅力的な組み合わせを街は提案しています。今では、Nickが完璧なCieloを順番にチェックして複雑な仕事を監督していない時、街の外れにある彼が訪れたこともないようなところを走っているでしょう。


フレーム・ビルダー
Jesse Bambrickはミシガン州のランシング郊外にて育ちました。彼の最初の自転車はマウンテンバイクでボロボロでしたが、それが町を出て行く唯一の手段であったのです。高校卒業後、たいした事の無い地方のコミュニティーカレッジにある電子工学学科に通っている頃、Jesseと彼の彼女であるBethは5ヶ月間も続く自転車旅行をし、気づけば3,600マイル走り終え、ユージーンに到着しました。その後、Jesseは自転車に恋をしてしまったのです。数年間ミシガンのとある自転車屋にて働いた後、JesseとBethは太平洋海岸沿いにある北西の街ポートランドへ移り住みました。彼は、Chris Kingにて最初は材料運搬をしていましたが、その後にCieloは生まれ変わりをしようとしていたので、フレームビルダーの見習いを始めました。

「クロスカントリーの旅をして以来、自転車のフレームを作ってみたいとずっと思っていたんだ。だからこれはまたとない機会だったんだ。」

彼の二つの手で物を作らせるために、細部にまで強制的に気を使わせ、JesseはGabeとBuckの手助けにより、自転車を作り出す事を学んだのです。Jesseはフィットする物を作ることが好きで、未だに街を自転車で出ていくのです。


フレームビルダー
Chris Scugliaはニューメキシコ州のアルブケルケのリオ・グランデ沿いにて、ハイキングやマウンテンバイクをしながら育ちました。1994年に彼はサンフランシスコのバイクメッセンジャーとしての仕事を見つけ、その会社はSycip Designsの真向かいにあったといいます(なんともまあ奇妙な事で)。6年間メッセンジャーを続けた後に、Kelly Bike Companyから仕事のオファーがあり、未加工のフレームを完了させる事からシッピングから、受け取りまで何もかもやりました。2年くらい国立公園警備員として火事と戦いながら2003年には、金工建築技術の資格を取るためにアイダホ州ボイシに引っ越しをしました。彼はScuglia Fabrication(74平方メートル)をオープンさせ、数種類の自転車を作り、フレーム修理をしたり、ブレーズオンをつけたり、トロフィーを作ったり、家具を作ったり、トラックのラックを作ったり、ハンドレールを作ったりと、生活費を払うためならなんでも作っていました。愛があってこそのように、Chrisは彼の妻の後を追って2009年にパリ、フランスへ行き、自転車ツアー会社のメカニックとして働きました。冗談半分でChrisはChris Kingに機械工志望としてレジュメを2010年6月に送り、面接まで通り、オレゴン州ポートランドへ引っ越したのです。Cieloはすぐさま彼を引き抜きました。そして彼が言うように私たちは、Chris King Precisionに対して「メルシボークゥ!」と言いました。


ペイントサポート:
Benは完璧主義者です。理想的な会社において、何かをするとき、必ず正確にするはずです。完璧というものは正確な品質であり、誰かがフレームのペイントをする場合は特に完璧にして欲しいと望むものです。Benは3年と半年もの間Seven Cyclesにて働きました。その間、彼は見習いであり、その後ペイント部門を設立し、新しいペイントの仕組みを発展させ、他のペインターを訓練させ、数えきれないほどのフレームをペイントしてきました。Benは建築やデザインにおいてとても興味を持っており、その傍ら、ジュエリーデザインや、プリント加工などの全く違うたくさんのプロジェクトからインスピレーションを抱き、それを描いています。

ボストンにある建築学校に移る前は、コロラドにてマウンテンバイクを走らせていました。今では、自転車を交通機関として使用していますが。毎日の仕事が次回へのインスピレーションとなり、毎回新しい挑戦をすることが新しい解決策につながり、その新しい解決策が、新しい挑戦に繋がる。そうすれば、永遠に物を作っていられるということをBenはもう既に知っていました。

コラボレーション:
David CoxはCielo Bicyclesのチームの中で新しいメンバーであり、ペインターの見習いとしてペイントの準備や、それぞれのCieloのフレームセットが最終ペイントを終えている事をチェックすることが役割となっています。Davidのやるべき事は、全てのフレームセットが品質を保ちながら、ちゃんとした時間の中でケアをされてCieloの製品となるかどうかを確かめるところにあります。

Davidは、ポートランドのノースイースト区にあるCommunity Cycling Center(CCC)にて色々なタイプの自転車を磨き直したり、修理したりして7年間を過ごしました。CCCに申し込みをする前に、オレゴン州アシュランドのUnited Bicycle Instituteに在籍しており、自転車メカニックとしての資格を取得しました。それ以来、ビンテージのレースや、ランドナー自転車に特別な興味を抱き始めるようになりました。今まで車を運転したことがなく、免許証を取る必要さえ感じていないようなのです。彼は、自転車に沢山乗り、そして彼の大好きな場所は、未舗装な道路や、アップヒルになりつつあります。

自転車にペイントする経験を積むために、彼は2011年の冬にミシガン州にてフレームビルダーをしているDoug Fatticに習いました。DavidはUBIとDoug Fatticから学んだ知識などを元に、彼らにとても感謝しています。UBIとDougは彼に、自転車に関する全ての知識を増やすために必要な色々な事を教えたのです。

ポートランドで育った彼は、彼の街が大好きで、出て行こうなどとは思っていません。彼は最近、地球上で一番素晴らしいと考えているOregon Coastに移住しようと考えています。私たちは、Davidがチームに加わってくれたことにとても感謝しています。彼の自転車に対する気持ち、そして細部までこだわる根気強さがこの環境にとても適しているのではと思わせるのです。


コラボレーション
Chris King Precision Componentsはその有名なエンジニアリングと生産部門により、Cieloを手助けしてくれています。フォーククラウン、ステンレススティールのドロップアウト、ヘッドチューブカラー、そして彫刻されたシートステイキャップなどは、彼らがCielo Cyclesをサポートしてくれる部品の中のほんの一部なのです。