Process

プロセス

Cielo Cycleは自転車フレームをすべての工程においてハンドメイドで製造するのみならず、

その細部に使用されるスモールパーツと呼ばれるすべての部品群までも、

自社の工場内で最高級の部材から削り出しを行い、ペイントを施し

すべての工程を自分たちだけの力で作り上げる、とてもユニークなブランドだといえます。
 


 
 
Chris King Precision Componentsがここ30年間定義づけてきた

完成度、精密性、デザイン、信頼度、そしてサービスの伝統の中において、

Cielo Cyclesは高品質で少量生産におけるアメリカ製の自転車フレームをすべての工程を職人の手によって組み立てるシステムを構築しました。

それぞれのフレームセットは、経験豊な製作チームのコラボレーションの結果なのです。
 
 

 
 
少量生産の適用、安定したフレームサイズ、定義づけられた色彩の配合、

そしてチームにいる全てのメンバーは、組み立てにおける事細かな詳細について全て網羅しており、

フレームを組み立てる際の几帳面で、且つ滑らかな取り組みにおいて誇りを持っています。
 
 

 
 
Cieloの特徴的なパーツは、ChrisKing Precision Componentsによって製作され、デザインされています。

ヘッドチューブリング、リアブレーキのアンカーインサート、シートステイプラグ、ブレーキブリッジのロゴビード、

フォーククラウン、フォークドロップアウト、そしてリアドロップアウトはすべてCieloフレームのためにだけ、すべて社内にて製造されているものです。

これらのパーツはColumbus、Dedacciai、そしてTrue Temperからカスタムで選ばれたチューブと一緒につなぎ合わさっています。
 
 

 
 
それぞれのサイズと、違ったスタイルの自転車に対して専用チューブを使用し、

セットアップ時間の縮小を促す一方で、精密さと一貫性のレベルは高いまま保たれています。

そしてこれらのパーツは部分組立品として組み立てられ、少量生産という生産効率を利用し、

まるであたかもこの世に一つだけのフレームを製作するかのように集中して部品を融合させるのです。

それぞれのフレームが完成したところで、正確なフェイシング、タッピング、クリーンアップ、

そしてペイントをする前のポリッシングという最終行程に移ります。
 
 

 
 
それぞれのCieloフレーム製作にかけるエネルギーと技術の総量を考慮し、

私たちは高品質なペイント技術によって仕上げることに最大限の注意を払います。

私たちの社内ペイントショップでは、揮発性有機化合物を著しく減らしている一方で、

鮮やかな、そして濃い色彩配合を作り出すために水性ペイントを使用しています。

すべてのロゴは職人の手によってマスキングがかけられ、

組み立て工程と同じような精密技術によって一つずつペイントされていきます。

Cieloのフレームは最後に、長期間における光沢を実現するために、

最高級の自動車に使われるクリアーコートによってコーティングされるのです。
 
 

 
 
Cieloは完全なるカスタムフレームセットを製作しない変わりに、

男性と女性に対してとても広範囲なサイズを提供しています。

The Sportifには17もの違うサイズがあり、43cmから62cmまであります。

RacerシリーズとマウンテンバイクはXSからXLまであり、5つの違ったサイズに分かれます。
 
 
フレーム製造工程を極めることによって、最高級ハンドメイドフレームセットを、

8週間~12週間内でお客様に最高のフレームがお届けできるように日々努力をしています。

STYLE ARCHIVE

Topics about Process

Processのレビューや質問をご記入下さい。