ChrisKing Hub OverHaul Service

日々のメンテナンスは、何事においても大切です。Chrisking製の各種HUBは長寿命を誇りますが、当然その性能を維持するには日頃のメンテナンスが重要となります。 ここでは日頃行うべき基本のメンテナンスについてご案内いたします。

Cleaning / 清掃

全てのメンテナンスの基本ですね。掃除をする事により、トラブルや故障の発見、部品の欠損等も見つけることができます。何より美しいパーツは、気分を良くします。

Diagnosis / ガタの確認

日常的に行って頂くもっとも簡単で重要な作業になります。
クリスキングハブのベアリングは玉当たり調整ができます。ホイールが最高の性能を発揮させるにはベアリングを常に適切な状態にしておく必要があります。不適切な状態で乗車をするとハブの内部構造にとってダメージとなりますので、決して緩んだままの状態で使わないでください。まずは車輪をバイクに固定したまま、車輪の進行方向に対して直角の方向にリムを揺すってみます。この際に「カタカタ」とずれる感触があればガタが出ていますので、ガタ取りの作業が必要になります。このチェックは、前輪、後輪、共に行って下さい。乗車前に都度チェックして頂けると最高です。

Adjustment / ガタ取り調整

Chriskingの各種ハブは、ガタ取りがとても簡単に行えるように作られています。 アクスルシャフトがワンピースのハブは、六角レンチのみで、ツーピースのハブは、専用工具(Hub Cone Adjusting Tool)と六角レンチで行えるようになっています。
さらに詳しい方法はこちらのマニュアルをご確認下さいませ。

OilUp / 注油

Chrisking各種ハブのオイルは、専用品が使用されています。このRingDrive Lubeは、ベア リング内部、ドライブシェルの勘合部に適量塗布する事により、回転性能を維持することが できます。

日常的にメンテナンスを行う事によって、ChrisKingハブを常に最良のコンディションでお使い頂く事が出来ます。
しかしながらその整備でご不安のある方や、ベアリングの完全洗浄やその打ち替え交換等、日常のメンテナンスを越えた整備は弊社販売店もしくはSimWorksまでお気軽にご相談くださいませ。


オーバーホールサービスに関するお問い合せはコンタクトフォームよりお気軽にご連絡ください。
 
We want support you...

OVERHAUL ARCHIVE

CHRIS KING製品のオーバーホール ビフォー・アフターを #CK_OH and #simworks のタグを付けてinstagramにアップして下さい。